住宅販売業界にとってのマンションと一戸建て

住宅販売業界にとって、マンションと一戸建てとでは、どちらが利益率の高い住宅商品であると言えるのでしょうか。


これには、地域による用地事情の違いというものも大きく影響しているはずです。
大都市圏においては、住宅用地そのものの不足という避けがたい事情があるために、住宅を建てて販売する業者サイドにとっては、一戸建ての分譲住宅よりもその用地の使用効率がいいマンションの方が有利である、という情況があるのではないでしょうか。

板橋区の仲介手数料無料に関するご質問を解決いたします。

住宅を建てて販売するためには、まずはその用地を取得してから、そこに住宅を建設することになりますが、その場合に住宅販売業者にとっては、住宅用地面積に対する住宅戸数の大小比率というものが、非常に大きなポイントを占めることになるはずです。

高槻市の新築一戸建ての情報を公開しているサイトです。

この点において、マンションが一戸建ての分譲住宅よりも圧倒的に有利であることは、専門家でなくても理解できることでしょう。



現在では、十階建てはもちろんのこと、四十階、五十階建てという超高層のものまであるというように、その用地面積に対する住宅戸数の比率では、一戸建ての分譲住宅に対して十倍、数十倍の対用地面積戸数比率を持っています。




従って、用地の取得費用が同じであるならば、住宅販売業者にとって、その巨額な建設費を考慮しても、マンションは一戸建て住宅よりもはるかにコストパフォーマンスの高い住宅商品である、と言えるのではないでしょうか。


大都市圏において、マンションが多数建設されて販売されていることの背景には、職住接近の住宅が欲しいという購入者サイドの事情だけではなく、業者サイドのこうした事情もあるためではないでしょうか。

魅力の高い埼玉の貸工場関する情報選びといえばこちらのサイトです。

https://www.youtube.com/watch?v=i3IUcnScR9A
http://tochi.mlit.go.jp/post_term/tochiriyou
http://www.f-takken.com/